実際のものを借りてみよう|鼻づまりが嘘のように治る|多大な影響を与える前に
医者と看護師

実際のものを借りてみよう

耳

自然なフィット感の為に

耳の聞こえを改善したい時、治療や手術で聴力の回復が難しい場合や、回復するまでの一時的な時期にも補聴器を検討してみましょう。邪魔になったり付け心地が悪かったり、聞こえ方が不自然だったりというデメリットは、きちんと専門家の調整を受けることで解消を考えられます。ずっと付けていたら頭が痛くなったり、体調が悪くなるなどを防ぐには、補聴器もしっかりと体と状態にあったものを選び、最適にセットアップする必要があります。上手く馴染んだ補聴器は自然な感覚で使用でき、明瞭に音を聞き取れるので生活をぐっと快適な物にする力があります。適切な補聴器を選ぶ際には専門家がいるお店で試着レンタルを利用し、調整しながら自身に合うか見極めていきましょう。

試しながら決めよう

補聴器レンタルは使いたいときだけ補聴器を借りる、というものではありません。補聴器はやはり、体と感覚に密接に関係する製品ですので、買い求める際には個人個人への適性が重要となります。製品をいきなり買ってしまわずに、専門家が選び、個人に合わせて調整した補聴器をある程度の期間使うことで、合うか合わないかを判断するのが大事です。その為に、レンタル用補聴器を用意しているお店は多く、それを借りながら実際に個人に合うかどうかを試していくわけです。補聴器レンタルは様々なお店が行っており、製品ラインナップやサービスは色々あります。レンタル期間中の調整は自宅まで来てくれるお店もあったりしますから、好都合で丁寧に対応してくれるお店を探しましょう。