適切なものを使用する|鼻づまりが嘘のように治る|多大な影響を与える前に
医者と看護師

適切なものを使用する

診察室

まずは耳鼻科で相談

年齢を重ねると少しずつ聴力は衰えていき、高齢の方は補聴器が必要になるケースもあります。現在は様々な補聴器が販売されており、補聴器の販売店であれば自分に合ったものを探すことができます。しかし、まずは耳鼻科で確実な診断を受けて、聴力の具合を正確に把握してから購入することが大切です。聴力が衰える原因は人によって異なり、一時的な症状である可能性も考えられますし、補聴器が必要な場合でも、その時の状態に適切なものを選ばなければなりません。耳鼻科であれば、専門医師による客観的な立場から診断してもらうことができ、どのような補聴器が向いているかもしっかりと説明してくれます。補聴器を購入する場合は、まずは耳鼻科でしっかりと検査してもらいましょう。

連携が取れている耳鼻科で

耳鼻科では多くの場合、補聴器の販売店と連携が取れており、信頼できる販売店を紹介してもらうことができます。耳鼻科と販売店の連携がしっかりしていれば、販売店側に相談した際にも聴力の状態を正確に把握してもらえます。ただ、病院で診察を受けてから販売店を訪ねるとなると、面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、たいていの場合、病院と販売店は近い位置にあるため、大きな労力はかかりません。特に地域密着型の個人病院では、最寄りの販売店とより深い関係を築いていることもあるので、患者側としても安心して相談することができます。補聴器を必要としている場合は、販売店との連携がしっかりと取れている耳鼻科を探して、相談すると良いでしょう。